葉酸の効果

MENU

葉酸の効果にはどんなものがあるの?

ビタミンB群の1種である葉酸は、さまざまな理由から妊娠中の摂取が推奨されています。
葉酸がもたらす具体的な効果としては、造血作用や細胞分裂を助ける作用などが挙げられます。

先天性奇形リスクの低減

葉酸のはたらきの中でも広く知られているのが、胎児の奇形発生率を低下させるというものです。
葉酸の細胞分裂促進作用によりお腹の赤ちゃんの細胞分裂が活発化する結果、脳や脊髄といった重要器官に先天異常が生じるのを防ぎます。

 

特に妊娠初期や妊娠前からの摂取が推奨されるのは、細胞分裂が盛んになるこの時期に確実に葉酸を体内に取り込む必要があるからなんですね。
厚生労働省では、妊娠12週ごろまでは毎日400μgを必要摂取量として推奨しています。

妊娠〜出産後まで活躍

葉酸は妊娠初期を過ぎても母体や胎児に色々な効果をもたらします。
細胞分裂に欠かせない栄養素として赤ちゃんの正常な発育を助け、またお母さんの貧血防止にも効果を発揮します。
また産後の授乳期にも、血流を促進して母乳の出を良くしてくれます。

妊娠率アップの秘密

葉酸の持つ造血作用や子宮内膜強化作用により、冷え性改善や受精卵の着床率を高める効果が期待できます。
妊娠しやすい体づくりを目指す妊活女性にとっても大変心強い味方なんですね。

 

さらに男性も一緒に摂取することで妊娠率がアップする可能性が高くなります。
葉酸は精子そのものの質を高めるとともに精子の染色体異常を防ぐ機能を持つため、是非カップルで摂取することをおすすめします。

サプリなら確実に栄養がいきわたる

このように多様な効果で妊娠を助けてくれる葉酸ですが、水溶性のため体内に吸収されにくいというデメリットがあります。
また熱にも弱いため、加熱調理で栄養素が失われやすいんですね。食品だけで必要量を摂取するのは、かなり難しいといわざるを得ません。

 

となると、やはり手軽な葉酸サプリを活用するのが一番確実な方法といえます。
毎日の必要量が錠剤に凝縮されているので摂取不足の心配がなく、サプリならつわりなどで食欲がなくても飲むことができますね。

 

ただ、つわりのときは普段よりも匂いに敏感になるため妊娠前は気にならなかった葉酸サプリの匂いが気になることもあります。
妊活中から妊娠後期まで長く飲むことが出来るようにニオイの強さやサプリの大きさなどを定期購入前に調べておくと抵抗なく続けられます。
参考:葉酸サプリメントの比較
URL:http://www.syufeel.com/onayami_ichiran/maternity/yousan/yo12/
こちらのサイトではニオイや大きさ、含有栄養素、価格など多くの種類の葉酸サプリが紹介されているので、香りが気になる妊婦さんにも役に立ちます。